m-IgG kappa BP-HRP WB、 IHC(P) と ELISA用のhorseradish peroxidase (HRP)に共役されるマウスIgGカッパ結合タンパク質(m-IgGκ BP)

m-IgGκ BP-HRP: sc-516102

  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-3.2.0
  • CLOUD, getAggregateRating, 104ms
  • REVIEWS, PRODUCT
  • bvseo-msg: The resource to the URL or file is currently unavailable.;
m-IgGκ BP-HRP is rated 4.71 out of 5 by 314.
loading
5
250
4
50
3
6
2
3
1
5

データシート

    • 西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP)に共役されるマウスIgGカッパ結合タンパク質(m-IgGκ BP)
    • 0.5 ml volumeの200 µgで提供
    • 化学発光ウエスタンブロッティング(WB [ECL])および免疫組織化学(IHC)の従来の抗マウスIgG二次抗体の代わるものを強く推奨
    • Suitable for binding to about 46%, but not all, mouse IgGκ light chain immunoglobulins; not suitable for use with mouse monoclonal IgGλ light chain antibodies
    • 最小限の背景との強いシグナル、及び従来生成された二次抗体と関連したロット変動の実際に完全な除去を提供する非常に特異的な試薬です
    • Cruz Marker™適合のマウスIgGカッパ結合タンパク質には、 m-IgGκ BP-HRP (Cruz Marker) (sc-516102-CM) (ここをクリックして、データシートをチェックします)をご覧
    • 2%のマウスモノクローナル抗体を含有するマウスIgGλ免疫グロブリンに;m-IgGλ BP-HRP (sc-516132)を推奨
    • マウスIgG結合タンパク質はモノクローナル抗体の一部に推奨されていますが、当社のモノクローナル抗体のすべてではありません。当社のモノクローナル抗体製品ページの製品説明には、マウスIgG結合タンパク質がその製品に適した検出試薬であるかどうかが記載されています。
    • また、新しい m-IgGκ BP-FITC, PE, CFL 488, CFL 555, CFL 594, CFL 647, CFL 680 and CFL 790 蛍光色素コンジュゲートもご覧ください。これらは、従来のポリクローナル抗マウス二次抗体蛍光色素コンジュゲートと比較して大幅な改善。
loading
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-3.2.0
  • CLOUD, getContent, 126ms
  • QUESTIONS, PRODUCT
  • bvseo-msg: The resource to the URL or file is currently unavailable.;
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-3.2.0
  • CLOUD, getReviews, 7ms
  • REVIEWS, PRODUCT
  • bvseo-msg: The resource to the URL or file is currently unavailable.;